我が家のマイホームはLDKは二階にあります

実は数年前になりますが、永らく待ち望んでいたマイホームを手に入れることが出来たのです。 お陰で今は家族みんなで快適に過ごしているところであります。

其の我家の住宅というのは東京の主要駅から首都圏の私鉄沿線で駅からも徒歩でも行けるところに在ります。 

従って、筆者自身の通勤先の利便性や家族の環境や生活においてもそれなりに便利なところにありますが、 住宅そのものは和風の普通の住宅であり日本の住宅としては特段変わりはありません。 ただ、自然や環境的にはあまり良いとはいえず、特に、周辺は家が密集していて陽当りがチョット良くないところなのです。

実は家を建てたのは所謂、注文住宅になり建ててからは既に数年近くになりますが、建築する時には一応は建築設計士さん等にお願いしました。 其処で一番の主眼だったのは陽当たりがあまり良くない処ということでした。 

そこで、専門の設計士さんによる発想は、思いきってLDK、其れに子供たちの部屋を二階の部分に設置してみるということでした。 此れはいくら個人の意志が通じる注文住宅といっても、さすがに我々みたいな素人には思いもつかないことでした。 完成した時に先ず感じたのは、実は非常に快適に過ごすことがでいているという事で、やはり、住宅の設計士というのは専門家だけに、一般住宅に関しても着眼点が違い大いに納得したものでした。